1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 展示会情報一覧
  3. JASIS2020

展示会出展案内

JASIS2020

ウエットコーティングの諸問題を界面科学の視点で支援します。
今回は液体膜安定性、粘着剥離、ISO 19403に準拠したぬれ性などの評価手法にフォーカスした提案をいたします。

 

開催場所:幕張メッセ・国際展示場 [千葉] 5ホール 5B-703
新技術説明会会場:アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉,ホテルニューオータニ幕張 [展示会場隣接]
主催:一般社団法人日本分析機器工業会、一般社団法人日本科学機器協会

表面張力計を用いた新たな液体膜(泡膜)持続性評価手法
~コーティングの塗膜品質評価への応用の可能性~

ラメラ長とはアプローチが異なる新たな液体膜の評価方法を考案し、表面張力計のオプションとして販売いたします。
官能評価では明瞭な差違がある試料でも表面張力やラメラ長測定で差違が見えづらく定量的な評価ができない事象に対し、有効な手立てとなる評価方法です。
洗浄剤、化粧品、塗料、食品、電子、機械など、 起泡性、消泡性、泡膜持続性等の泡トラブル評価に有効です。

ekimaku.png

ISO 19403に準拠したぬれ性などの評価手法について 
接触角計 滑落オプション

接触角計ユーザー必見!

ISO 19403に準拠したぬれ性などの測定方法について
~撥水性評価手法となる滑落角の測定条件を中心に紹介する

opDMoSA.jpg

【特許】角度自在、高速剥離、軽剥離
引張試験機

従来の引張試験ではできなかった「多面的評価」

自在な引張角度(簡単操作)
高速剥離
軽剥離
剥離面の観察

opDMoSA.jpg

【参考出品】接触角計2連式ディスペンサ

・品質管理などの長時間運用を考慮し、耐久性を上げた機構設計
・2種類の液体それぞれに液量制御が可能

(こんな測定で困っていませんか?)
・品質管理などで、水とジヨードメタン等2つの液体を使って測定する場合
・注射筒の試料を交換するのが面倒な場合

2dispenser.png

【参考出品】接触角計ペルチェ式恒温槽

・-10℃~100℃までと幅広い温度制御が可能(ジャケット式は5℃~70℃)
・マイナス温度での温度調整が可能(-10℃まで)(ジャケット式は5℃)※
・温度調整スピードが速い(20℃→-10℃まで、20℃→100℃まで約10分)

(こんな測定で困っていませんか?)
・10℃刻みで温度変化させたときの接触角データを取得したい
・ヒーターでの温度調整だと時間がかかりすぎて待てない。もっと素早く測定したい
・マイナス温度で測定データを取得したい

※外部循環機をつなぐことで、さらにマイナス温度での測定が可能

peruche.png

ウエットコーティングの諸問題を界面科学の視点で支援します。
今回は液体膜安定性、粘着剥離、ISO 19403に準拠したぬれ性などの評価手法にフォーカスした提案をいたします。

高濃度ゼータ電位計

AcoustoSizerⅡx高濃度原液測定
粒子径とゼータ電位を同時評価

引張試験機


VPA-H100

ゼータ電位計

ZC-3000
微粒子観察用

接触角計シリーズ

滑落接触角 セミナー有
2連ディスペンサ(参考出品)
ペルチェ式恒温槽(参考出品)

軽荷重摩擦摩耗計

セミナー有
DY-300

摩擦摩耗計

TSf-503

新技術説明会 のご案内

液膜安定性評価セミナー

表面張力計を用いた新たな液体膜(泡膜)持続性評価手法
ロスマイルス法、ラメラ長測定に代わる新手法

【会場】 APAホテル(展示会場隣接)A-3
【日程】2020年 11月 12日(木)10:25〜11:15
【参加費】無料
【事前申込】不要です
【ご紹介する装置】表面張力計 オプション

液膜安定性セミナー

ISO 19403に準拠したぬれ性などの測定方法

接触角計ユーザー必見!
ISO 19403に準拠したぬれ性などの測定方法について
~撥水性評価指標となる滑落角の測定条件を中心に紹介

【会場】 ホテルニューオータニ(展示会場隣接)N-3
【日程】2020年 11月 13日(金)13:30〜14:20
【参加費】無料
【事前申込】不要です
【ご紹介する装置】接触角計 オプション

液膜安定性セミナー

当社セミナーをもっと詳しく→


JASIS公式サイト(入場登録)→こちらから

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する