1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 各種窓口
  3. 修理・校正・点検のご案内

修理・校正・点検のご案内

国内メーカーならではの「安心」と「信頼」をお約束いたします

写真 従来の引張試験機,万能試験機ではできなかった「多面的評価」

「お客様に迷惑をお掛けしない体制づくり」を目指し、確実でスピーディな対応を心掛けています。『KYOWA』 は安心して装置をご使用いただける測定環境を提供します。その他、定期点検も承っており、お客様に安心して測定業務に取り組んでいただくために万全のサポート体制を整えております。

修理・校正・点検以外のメールでのお問い合わせは画面右上お問い合わせよりお進みください。

※装置は1年~3年の周期で点検校正を行う事で最適な状態で長くお使いいただく事が出来ます!
※分銅だけでなく標準サンプルの校正円シルエットもJCSSと同等のA2LA校正が発行できるようになりました! (JQA一般財団法人 日本品質保証機構に委託)

このような場合にお問い合わせください

  • 装置が動かない
  • 画像が映らない
  • 故障かもしれない
  • しばらく使っていないから点検して欲しい

などの修理・校正・点検に関するお問い合わせは技術部リノベーションチームにお願いいたします。

技術部 リノベーションチーム

お電話でのお問い合わせ TEL:048-483-2067
TEL:050-3540-1524 受付時間:9:00~17:00
FAXでのお問い合わせ FAX:048-483-2714
メールフォームからの
お問い合わせ

営業部 国内営業課

当社商品全般に関するお問い合わせ(操作方法など)は営業部国内営業課にお願いいたします。

お電話でのお問い合わせ TEL:048-483-2091
TEL:050-3540-1583 受付時間:9:00~17:00
FAXでのお問い合わせ FAX:048-483-2702
メールフォームからの
お問い合わせ

修理・校正・点検のご依頼

ご依頼の際はファイルをダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、技術部宛てにFAXにて送信願います。お見積もりや対応日時などを追って担当よりご連絡いたします。

校正の必要性

お使いの測定器の表す値が標準となる値に比べてどれくらい誤差(器差)があるのかを確認するのが校正です。
測定器を常に最高の状態を保つために適切な校正周期で運用する事が望ましいです。


接触角計の標準サンプルの校正について

従来、当社は国家標準にトレーサブルな標準器を用いての一般校正を行い、 トレーサビリティ証明書、試験成績表、体系図を発行してまいりました。近年ISO/IEC 17025に基づく校正機関の認定に基づくJCSS校正の要求が高まっており、IATE16494規格の全面改定によりJCSSを含む校正事業者登録制度の標章(シンボルマーク)付きの要求にお答えするべく標準サンプルの校正シルエット3mm円、6mm円、9mm円のA2LA校正証明書を発行できるようになりました。(JQA一般財団法人 日本品質保証機構に委託)

費用について

修理・校正料金改正につきましては、こちらをご覧下さい

基本技術料、作業工賃、部品代、送料等が主な費用です。
出張修理の場合、上記に加えて「出張費」等の料金が加算されます。詳細は当社技術部リノベーションチームにご確認ください。

ご注意ください

※ご連絡無しに装置をお送りいただきますと、お客様にご負担を生じさせてしまうことがあります。電話または申込書でのご連絡をお願いします。

当社商品は、製造および販売終了日から7年までを修理用部品の保有期限とさせていただいております。(サポート期間終了期限)
詳細は下記をご覧ください。

※修理用部品の保有期限終了後につきましてはできる限りの対応をさせていただきますが、機種、年式によっては修理不能、修理不可の場合がございます。ご了承下さい。

修理用部品の保有期限と対象となる商品の名称及び型番

保有期限 商品名 型番 備考・その他
2021年1月   LCD900S  
2020年9月   FPD-MH20  
2020年2月   ECA-1  
2017年10月 粘着・皮膜剥離解析装置 VPA-1  
2017年9月 表面張力計CBVPシリーズ CBVP-Z  
2017年8月 接触角計 DropMaster DM-100 , DM-300 , DM-500 , DM-700  
2017年8月 ウエハ洗浄・処理評価装置 DropMaster R DM-300R , DM-500R , DM-700R  
2017年1月 表面張力計CBVPシリーズ CBVP-A3  
2017年1月   SF-2  
2014年9月   MCA-2  
2014年7月 摩擦摩耗計Triboster TS 500  

部品サポート情報

修理用部品保有期限終了後の修理対応につきまして

修理のお問い合わせをいただいた際、症状をお伺いし、故障の状態や部品の残存状況にて、修復の可能性を確認いたします。
修復の見込みがございます場合は、装置をお預かりし、お見積もりを提出させていただきます。
ただし、お預かり後の確認の結果によっては修理が完了できないこともございますのであらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

修理用部品保有期限終了後の点検対応につきまして

修理用部品の保有期限終了後も点検サービスは実施いたします。
点検等で不具合箇所が見つかり修理ができない状況が発生する場合もございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

アリミゾ式移動台部品状況につきまして

アリミゾ式移動台部品状況につきましては、こちらをご覧ください。

【再】接触角計(CA系)サポート期間終了のお知らせ

接触角計(CA系)につきましては製造より15年余を経過し、修理用部品のほとんどが入手できない状況となりました。
以上のことから2018年3月末をもちまして,接触角計(CA系)につきましては修理業務を終了させていただきました。
お客様にはご迷惑をお掛けし,大変申しわけございませんが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお対象となる商品(型番)はこちらになります。
CA-D,DT,A(QI系)/CA-X,X150,X200(PD-Xも同様)/CA-V,V150,V200(PD-Vも同様)/CA-W,W150,W200(PD-Wも同様)/DCA-VZ,WZ/DCA-VM,WM/CA-XE,VE,WE
この件につきまして、ご質問やご不明な点がございましたら下記へご連絡ください

粘着・皮膜剥離解析装置 VPA-1 サポート期間終了のお知らせ

引張試験機VPA-1のサポート期間が終了しております。詳細はこちらをご覧ください。

販売終了後につきまして

販売終了後につきまして、ご質問やご不明な点がございましたら下記へご連絡ください。代替品のご案内も営業部国内営業課が承ります。

お電話でのお問い合わせ TEL:048-483-2091
TEL:050-3540-1583 受付時間:9:00~17:00
FAXでのお問い合わせ FAX:048-483-2702
メールフォームからの
お問い合わせ

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する

ユーザー評価にご協力ください。

協和界面科学のwebサイトについて
ユーザー評価アンケートにご協力ください。