1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. セミナー情報一覧
  3. ASTEC2020 シーズ&ニーズセミナー

ASTEC2020 出展者プレゼンテーション

引張試験(角度自在・剥離面観察)評価

自在な引張角度と剥離面の観察による最新密着性評価方法
機能性材料などの粘着・積層界面の品質向上に貢献します

【会場】 ASTEC/SURTECHセミナー会場
(展示会場内)東京ビッグサイト南3ホール
【日程】2020年 1月 29日(水)13:30〜14:15
【参加費】無料
【事前申込】不要です
【ご紹介する装置】粘着・皮膜剥離解析装置 VPA

液体膜(泡膜)持続性評価【特許】

表面張力計を用いた新たな液体膜(泡膜)持続性評価方法
~コーティングの塗膜品質評価への応用の可能性~

【会場】 ASTEC/SURTECHセミナー会場
(展示会場内)東京ビッグサイト南3ホール
【日程】2020年 1月30日(木)13:30〜14:45
【参加費】無料
【事前申込】不要です
【ご紹介する装置】表面張力計 オプション

ekimaku.png

ASTEC/SURTECHセミナー会場  1月29日(水):引張試験(角度自在・剥離面観察)評価

引張試験・万能試験の新しい解析方法と、粘着剤表面の界面挙動と評価手法を解説、
機能性材料などの粘着・積層界面の品質向上に貢献します。

万能試験・引張試験・粘着剥離解析に携わる方必見!

「様々な角度で測りたい」
「引張りながら速度を変えたい」
「高速で引っ張りたい」
「10-2Nオーダーの軽荷重で評価したい」
このようなご要望、ご質問にお応えします

既存の引張試験機あるいは万能試験機のユーザー様から、こうした声があがることは少なくありません。当社独自の機構(特許取得済)により、これらの要望を実現させた測定装置を紹介します。

講座内容

JISに規定される剥離試験法
90度剥離とは
T型剥離とは
新しい試験法(平板クロスステージ法)の原理
多角度剥離測定
高速剥離測定
剥離過程の動的観察
アプリケーション事例

【日時】 2020年1月29日(水)13:30-14:45
【場所】 ASTEC/SURTECHセミナー会場  南3ホール内( 展示会場内)
シーズ&ニーズセミナープログラム一覧はこちら 
本セミナーは 1/29(水) 南館3ホール内 13:30~

塩村 直人 協和界面科学株式会社 技術部長


1992年9月協和界面科学入社。
前職で得たフレキソ・グラビアインキおよび印刷技術の知見を活かし,様々なコーティングアプリケーションで発生する問題に対して,界面科学の視点からお客様サポートにたずさわる。
25年間の営業部所属を経て2017年より現職となる。

当講座へご参加いただいたお客様の声

「粘着剤、積層材料の密着力・剥離力、 剥離力の角度・速度依存性などの測定・解析方法を調べたくて参加させていただきました。」

「引張り速度を高速でかつ低荷重で測定する引張り試験機があ ることを知って、その講座を行うということであったので、参加しました。」

「これまで万能引張り試験機やDMS(動的粘弾性測定装置)の静的弾性測定モードでは、目的とする測定が出来なかったため、今日は大きな収穫となりました。」

「今使っている引張試験機では角度が変えられない。チャックでの固定強度や挟み込む量、角度を精度よく毎回同じにできるようにしたい。」

「低荷重の測定ができる引張り試験機の多くが、高速で変化をつける測定が出来ないことが不満であり、解消していきたい。」

「超高速・低荷重で測定することが出来る引張り試験機に興味が湧いた!」

ASTEC/SURTECHセミナー会場  1月30日(木)::液体膜(泡膜)持続性評価

表面張力計を用いた新たな液体膜(泡膜)持続性の評価方法を紹介、
コーティングの塗膜品質評価への応用の可能性を提案します。

ラメラ長測定とはアプローチが異なる新たな液体膜の評価方法を考案【特許】

液体, 固体の内部や表面に生じた気体の塊を“気泡”, そして気泡の集合状態を“泡沫”といい, “気泡”, “泡沫”を総称して“泡”と呼んでいる。ビールなどの炭酸飲料は, 泡沫安定度が品質における重要な要素となっている。
一方で, 塗料・インキ業界においては製造, 塗装・印刷, 乾燥とどの工程においても泡の発生・混入はトラブルの原因となる。泡の安定度は泡寿命の評価指数であり, 現状, ロスマイルス法やラメラ長測定によって測定されている。前者は塗料などの着色液体では測定用の筒内に付着・残存することで視認性が悪化し, 泡沫の高さが正確に測定できないこと。また, 後者は実際の現象とラメラ長の測定結果に差が出ないといった課題がある。
このような中, 既存の表面張力計を使用し, ロスマイルス法やラメラ長測定に変わる新たな液体膜(泡膜)の持続性(=安定性)評価を簡易的に行える手法を考案した。

洗浄剤、化粧品、塗料、食品、電子、機械など、
起泡性、消泡性、泡膜持続性などの泡トラブルに有効です。

ekimaku.png

・代表的な液体膜(泡膜)評価方法の測定原理
 ・ロスマイルス法
 ・ラメラ長測定
 ・液膜安定性測定
・測定事例
 ・各評価方法による比較(ビール,塗料他)

なお,講演内容詳細については変更する場合があります。

液体膜が伸びた長さを測定し、液膜・塗膜の切れにくさ、泡の安定性や消泡性の度合を表します。塗料、コーティング液のコーティングロールへのピックアップ性等を表す指標としても用いられています。

【日時】 2020年1月30日(木)13:30-14:15
【場所】 ASTEC/SURTECHセミナー会場  南3ホール内( 展示会場内)
シーズ&ニーズセミナープログラム一覧はこちら 
本セミナーは 1/30(木) 南館3ホール内 13:30~

磯貝 洋幸 協和界面科学株式会社 技術部 研究課

信州大学大学院 総合理工学研究科 工学専攻 物質化学分野 修了
エマルションの分散安定性に関して研究
協和界面科学株式会社 入社
界面活性剤の評価に関する研究に従事

セミナー最新情報

2020/01/28
2/6 ぬれ性の基礎・評価
2020年2月6日(木)サイエンス&テクノロジー株式会社様主催 ぬれ性の基礎・評価セミナーにおいて 当社技術部研究課 主任 平野大輔が講師を務めさせていただきます。 【講座の趣旨】 研究開発から品質保証の現場まで簡便な表面分析の代表例として接触角があげられる。 本講座では表面・界面張力,接触角に関する基礎事項の理解を深め,測定時の注意点やノウハウについて,測定事例を交えながら述べる予定である。 【得られる技術・知識】 接触角,表面張力に関する基礎知識,測定や解析に関するノウハウや注意点など
2019/12/19
1/31 トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来
2020年1月31日(金)10:30~ 東京ビッグサイトにて開催されるASTEC展(第15回先端表面技術展・会議/nano tech2020併催)会場内パネルディスカッション 無料・事前登録不要
2019/12/19
1/30 液体膜持続性評価方法
2020年1月30日(木)13:30~14:15東京ビッグサイトにて開催されるASTEC2020展(第15回先端・表面技術展・会議/nanotech2020併催) 会場内セミナー 無料・事前登録不要
2019/12/19
1/29 引張試験セミナー
2020年1月29日(水)13:30~14:15 東京ビッグサイにて開催されるASTEC2020展(第15回先端表面技術展・会議/nano tech2020併催) 会場内セミナー 無料・事前登録不要
2019/12/18
ASTEC/SURTECHセミナー
2020年 1月29日(水)13:30~ 引張試験評価手法 2020年 1月30日(木)13:30~ 表面張力計を用いた新たな液体膜(泡膜)持続性評価手法 ASTEC2020展(於:東京ビッグサイト)南3ホールASTEC/SURTECHセミナー会場にて開催

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する