1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 商品情報
  3. ソフトウェア
  4. 表面解析ソフトウェア DYNALYZER

表面解析ソフトウェア DYNALYZER

誰にでも簡単に、常に最高品質の操作性・測定データを提供する表面解析ソフトウェア[DYNALYZER]

DYNALYZER

表面解析ソフトウェア[DYNALYZER]は、コンピューター制御による各種全自動測定の他、対話形式による操作画面の表示や見たいときに起動できる動画による取扱説明機能の搭載など、ユーザーインターフェースを大きく向上させることにより、専門知識がなくても確実な操作ができ、誰でも使いやすいソフトウェアです。

標準搭載装置

表面張力計

DY-700 DY-500 DY-300  

動的表面張力計

DCA-700 PW-500    

機能

表面・界面張力 「Wilhelmy法」/「du Noüy法」、全自動/手動測定、表面/界面張力測定、静的/動的測定、など目的に応じた多彩な測定が可能です。また、界面活性剤溶液、高粘性溶液等、試料特性に対応した測定テンプレートを用意しております。(全ての装置に標準装備)
ラメラ長測定 ラメラとは、薄板・薄層・薄膜などの意味がありますが、ここでは薄膜を意味します。ラメラ長は、粘性のある液体などの液体膜がどれだけ伸びるかということを示す指標で、ラメラ長が長いほど、液膜・塗膜が切れにくくなります。ラメラ長を測定することで泡沫安定性、塗膜のピックアップ性・液切れ性・ワキ性の評価が可能です。
(全ての装置に標準装備)
※別途白金リングが必要です。(オプション)
沈降性測定 沈降性測定子を液体試料中に沈めます。分散粒子が皿上の測定子に堆積したときの重量変化を時間の経過とともに測定します。インク・塗料の貯蔵時の顔料の沈降性(安定性)、廃液処理に使用する凝集剤の沈降性評価が可能です。(全ての装置に標準装備)
※別途沈降性測定キットが必要です。(オプション)
紙類浸透測定 白金プレートを印刷紙などに変え、紙類とインクなどとの浸透性を評価します。紙にインクが浸透することで重量変化が生じます。インクの密度補正により、重量増加が大きいほどぬれ性がよい、と言えます。
(DY-700/500、DCA-700、PW-500はオプションにて対応可能)
粉体測定 粉体のぬれ性ではWashburn式に従い一定の面積速度でぬれ広がります。再現性の良いデータを得るためには適正な空隙率と充填方法がポイントとなります。
(PW-500は標準装備、DY-700/500、DCA-700はオプションにて対応可能)
動的前進角・後退角測定 Wilhelmy法の測定原理により、固体基板を液体試料中に浸漬させていく状態で動的前進角を、また、基板を引き上げている状態で動的後退角を測定します。動的前進角は、ディップコーティングにおける被コーティング材のぬれ性を、動的後退角は液切れ、剥離性を評価します。
(DCA-700は標準装備、DY-700/500、PW-500はオプションにて対応可能)

簡単な情報入力で、商品電子カタログの閲覧ができるようになります。

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する