1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 商品情報
  3. ゼータ電位計
  4. 高濃度ゼータ電位計 ZetaProbe

高濃度ゼータ電位計 ZetaProbe

原液のまま高濃度コロイド粒子のゼータ電位を自動測定。等電点も自動測定

高濃度ゼータ電位計 ZetaProbe
  • 高濃度・高粘度の試料に対応、原液での測定が可能です。
  • 電気音響法+多重周波数解析による高精度な測定が可能です。【特許取得】
  • 粒子からの信号に類似したイオンからの信号をバックグラウンド補正によって除去し、正確なゼータ電位を測定することが可能です。
  • パラメータを後から変更して再解析が可能です。
  • 等電点測定に必要な自動滴定システムが標準装備です。
  • 測定結果は自動的にExcel形式で保存され、リアルタイムでデータの確認が可能です。
  • 試料容器は簡単に分解洗浄が可能です。
  • 試料容器には攪拌機能が付き、沈殿しやすい溶液や高粘度溶液も測定が可能です。

ZetaProbeでは溶液に交流電圧を印加し、コロイド粒子の振動により発生する音波のESAシグナルからゼータ電位を測定します。
高濃度系コロイド溶液では光が透過できないために、光を利用する測定法では測定が困難ですが、電気音響法では音波を使用するため、より濃厚な溶液でもゼータ電位を測定することが可能です。希釈による電解質濃度やpHの変化を心配する必要がありません。

機能

(黒字:標準装備 青字:オプションにて対応可 灰色:対応不可)

操作区分

希薄コロイド用 濃厚コロイド用 固体用    

用途区分

コロイド液体 裁断可能板状材料 繊維 粉体 >25μm  

拡張性

ゼータ電位 粒度分布 等電点 滴定ユニット 液体試料撹拌
温度制御        

ソフトウェア

標準搭載 測定方法

測定方法 簡易説明
電気音響法(ESA法)+多重周波数解析 コロイド溶液に交流電圧を印加して、コロイド粒子の振動により発生する音波のESAからゼータ電位を測定します。

電気音響法

電圧を印可された粒子は、その粒子の持つゼータ電位に従って挙動を示します。
ゼータ電位の小さな粒子の振幅は小さく、ゼータ電位の大きな粒子の振幅は大きくなります。
振幅の大きさはそのまま音の大小としてEAS信号に現れます。

電気音響法

多重周波数解析

粒径の大きな粒子は周波数の低い交流電圧に対しては、位相のズレを生じさせずに震動することが可能ですが、周波数の高い交流電圧に対しては即座に追従できません。
逆に、粒径の小さな粒子は周波数の高い交流電圧に対しても即座に追従して、位相の遅れを生じさせることなく挙動を示します。

多重周波数解析

ZetaProbeのソフトウェアは、ESA信号の位相のズレから粒径サイズを考慮して、ゼータ電位を算出していますので、粒子サイズをパラメータとして入力する必要がありません。

主要なオプション

  • 275ml底麺スターラーサンプルカップ (標準付属品と同じサンプルカップです)
  • オールテフロンスターラーサンプルカップ (耐薬品性を有し、洗浄性が良好です)
  • マグネチックスターラーサンプルカップキット (PTFEビーカー、スターラーベース、回転子キット。洗浄性が良好です)
  • ジャケット式275mL底面スターラーガラスカップ (試料の温度制御用サンプルカップです。10〜50°C対応。別途温冷水循環器が必要です)
  • ジャケット式マグネチックスターラーガラスカップキット (試料の温度制御用です、洗浄性が良好です。10〜50°C対応。別途温冷水循環器が必要です)
  • 30mL小容量静的測定サンプルカップキット (試料が少量の場合に使用します。撹拌ができないため沈降しない試料に使用します)

簡単な情報入力で、商品電子カタログの閲覧ができるようになります。

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する