1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 商品情報
  3. LB膜作製装置・塗布油量計
  4. 全自動LB膜作成装置 HBM 700LB

全自動LB膜作成装置 HBM 700LB

膜採取において必須であるコンタミの除去作業が簡単に

HBM 700LB
  • 分離・取り外しが可能な開放型トラフ(水槽)は洗浄性に優れ、コンタミの除去作業が簡単に行えます。
  • 成膜面積に対する下層液の量が少なくてすむ省溶液タイプです。
  • ジャケット式恒温槽一体型のため、温度制御用の温・冷水循環器の接続が可能です。
  • 表面膜圧測定(π‐A曲線取得)を自動で行い、グラフ化します。
  • 圧縮バリヤで膜厚をコントロールし、サブストレートを上下させ、累積膜を採取します。
  • 一枚ずつ測長されたガラスプレートを検出体として採用。Wilhelmy法により表面膜圧の精度を維持します。

LB膜作製装置は、水面上の不溶性単分子膜を固体基板上に写し、累積する装置です。
規則正しく配向した分子膜の構造や特性は、潤滑油などの界面現象をはじめ、機能膜・生体膜・分子エレクトロニクス・バイオチップなどの分野で研究範囲が広がっています。
LB膜の作製において、水槽の洗浄は最も重要な作業です。洗浄をした後に、サンプル残渣によって 水槽が汚染されておりますと、LB膜の再現が出来ません。
当社LB膜作製装置の水槽はシンプルな構造と排水台の組み合わせにより、水をオーバーフローさせながらの洗浄が可能ですので、より確実な洗浄性が得られます。

機能

(黒字:標準装備 青字:オプションにて対応可 灰色:対応不可)

操作区分

簡易タイプ 全自動      

用途区分

L膜 LB膜    

拡張性

π-Aカーブ 膜採取 累積比 温調水槽 温調ユニット
ミニ水槽        

ソフトウェア

LB 膜作製に特化した専用ソフトウェア  LB Film Lab

マルチドキュメントインターフェイスを採用しているため、複数のウィンドウを同時に表示させることが可能です。
また、はじめての人にも使いやすい日本語対話形式で、装置の制御もソフトウェアから行うことが可能です。

標準搭載 測定方法

  • ワンクリックで一連の測定プロセスを自動で行います。
  • トラフの洗浄性を確認するブランクテストを自動で行います。
  • π-A曲線取得後にLB膜を累積する際、自動的に膜採取圧を補正設定し、圧力設定のミスを防止します。
  • 圧縮バリヤの位置と圧力の変化から、π-A曲線を自動で取得します。また、グラフの重ね合わせも可能です。
  • 測定データはCSV形式で保存されます。市販の表計算ソフトウェアへの貼り付けも可能です。
  • 測定操作においては対話形式を採用し、設定条件の入力ミスを防止します。
測定画面

主要なオプション

オプション名 簡易説明
冷水循環器4VT フロン水槽のジャケット機能で温度調整を行うために必要です。測定試料の温度制御を約10〜70℃の範囲で行うことが可能です。

簡単な情報入力で、商品電子カタログの閲覧ができるようになります。

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する