1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 界面科学の世界
  3. 身近な界面科学
  4. 【第1回】宇宙船の中で、なぜ水が飛び散らないのか?

【第1回】宇宙船の中で、なぜ水が飛び散らないのか?

無重力状態の宇宙船の中で、水の塊がプカプカ浮いている・・・ テレビや写真で、そんな映像を見たことがありませんか。
宇宙空間は無重力状態ですから、重力ははたらきません。
しかし水をこぼしても、四方八方に飛び散ることなく、かたまりを維持しようとします。
どうして飛び散らないんだろう・・・と考えたことはありますか?
(ちなみに私が見た映像では、宇宙飛行士さんが、その水にストローを刺して飲んでいました。)

そう言えば地上でも、雨上がりの葉っぱの上に丸い水滴が乗っていますね。
言うまでもなく、水は「水分子」の集まりです。
水分子同士がお互いに集まろうとする力が無ければ、バラバラになってしまいます。

水に限らず、分子には「分子間力」という力がはたらいており、 できるだけくっつき合って、他と接する面積を小さくしようとして集まります。
ある量の塊が表面積を最も小さくした状態は、球です。
ですから、水の固まりもできるだけ球に近づこうと集まっています。

宇宙船の中で、なぜ水が飛び散らないのか?

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する