HOME > 商品情報(装置群)表面張力計

表面張力計

 
表面張力測定方法としては、リング法(du Noüy法)が主流だった昔、協和界面科学はプレート法(Wilhelmy法)の自動表面張力計を初めて世に出し、今ではプレート法(Wilhelmy法)は表面張力計のスタンダードと言っても過言ではないほど一般的な測定方法となりました。
「DyneMaster」シリーズはコンピューター制御により、ユーザーインターフェースを大幅に向上。多彩な機能を満載し、測定者を選ばない高い操作性を実現しました。
ベーシックな表面張力測定から、表面張力に関連した表面・界面現象の解析、高精度な表面張力測定まで、お客様の幅広いニーズにお応えできるラインナップをご用意しました。
接触角計同様、決して見た目のスペックにとらわれない、常に測定者の視点から見た使いやすさを追求しております。
 

■アプリケーション

評価対象 評価目的
①インク・塗料・コーティング剤 レベリング特性、起泡性、泡安定性、ぬれ性
②洗剤 界面活性剤の洗浄性の優劣評価と洗浄液の管理
③化粧品 エマルション(クリーム、乳液など)の乳化性の評価
④消火液 起泡性、泡安定性と拡張性の評価
⑤メッキ液 メッキ液中の活性剤の劣化状況の評価
⑥レジスト、エッチング液 半導体プロセス材料の評価・工程管理
⑦潤滑油 高温下における浸透性の評価
⑧医薬品 医薬用バリウムの添加剤による含有蛍光剤のぬれ性、分散性評価

 

 
dy700  

DY-700

操作区分:
高機能タイプ、高精度タイプ、全自動測定、天秤タイプ
用途区分:
裁断可能板状試料、粉体、液体、繊維、紙類
拡張性:
経時変化、温調ステージ、表面・界面張力、ラメラ長、沈降性、液体密度、固体密度、蒸発速度、粉体ぬれ性、繊維ぬれ性、紙類測定、前進・後退角、自動CMC、ディップコート
 
dy500  

DY-500

操作区分:
高性能タイプ、全自動測定、天秤タイプ
用途区分:
裁断可能板状試料、粉体、液体、繊維、紙類
拡張性:
経時変化、温調ステージ、表面・界面張力、ラメラ長、沈降性、液体密度、固体密度、蒸発速度、粉体ぬれ性、繊維ぬれ性、紙類測定、前進・後退角、自動CMC、ディップコート
 
DY-300  

DY-300

操作区分:
簡易タイプ、全自動測定、天秤タイプ
用途区分:
液体
拡張性:
経時変化、温調ステージ、表面・界面張力、ラメラ長、沈降性、液体密度
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PAGETOP