1. 界面科学測器の協和界面科学
  2. 界面科学の世界
  3. 技術資料、アプリケーションデータ,文献、JIS規格他
  4. 触感の数値化 液晶保護シートの滑らかさ評価

触感の数値化 液晶保護シートの滑らかさ評価

ポイント

液晶などタッチパネルを指でなぞる(スワイプ)する際の滑らかさを評価。
キーワード スマホ PC 液晶 タッチパネル コーティング 触感 滑らかさ 官能試験

1.はじめに

近年、スマートフォンやPC、カーナビなど、あらゆる場面において液晶画面はタッチパネル化が進んでいる。このタッチパネルには指での操作を認識する指認性と耐久性(キズがつきにくい等)が求められる。この指認性も従来の単純な押す操作だけでなく、スマートフォンではスワイプ(なぞる動作)、フリック(弾く動作)などがあり多様化している。今後スマートフォンに限らず、この操作機能はカーナビ、PCなどにも展開される見込みであり、またタッチパネルの市場全般のニーズもさらに増加すると思われる為、メーカー各社は指認性と耐久性の向上を目指し、日々研究を進めている。

2.解決すべき問題

液晶を指でスワイプする操作は、液晶が滑らかであることが大前提である。このスワイプ動作時、指が液晶にかけている荷重は約10g〜30g程度と非常に軽い荷重である。また指でなぞる動き出しの摩擦(静摩擦)が低い方がスワイプしやすい。この静摩擦を測定する際、一般的な測定機だとフィルタが10Hz程度と強く、出力波形が鈍るため、正確に測定できない。

3.測定条件・結果

  • 液晶を指でスワイプする操作は、液晶が滑らかであることが大前提である。このスワイプ動作時、指が液晶にかけている荷重は約10g〜30g程度と非常に軽い荷重である。また指でなぞる動き出しの摩擦(静摩擦)が低い方がスワイプしやすい。この静摩擦を測定する際、一般的な測定機だとフィルタが10Hz程度と強く、出力波形が鈍るため、正確に測定できない。
  • 測定条件:荷重20g、摺動速度10mm/s、摺動距離50mm/s、往復測定。 接触子:R接触子(SUS) ステージ側に液晶保護シートをテープで固定。
  • 同メーカーの市販品4種類(右写真)を比較した。
  • 解析は5回測定し、静摩擦、動摩擦の平均値でそれぞれ比較した。
  • 測定の結果、静摩擦で比較すると、②>①>③=④の順になった。実際に静摩擦の高い②については指が引っかかり、③については滑らかだった。触感の滑らかさを数値化できていると思われる。
測定条件・結果
測定条件・結果
測定条件・結果
測定条件・結果

商品電子カタログ一覧

当社の商品の製品カタログがご覧いただけます。

カタログをダウンロードする

よくある質問

当社に寄せられる質問と回答をまとめております。

よくある質問を見る

各種窓口

商品・サービスに関してお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

窓口で相談する