HOME > セミナー情報一覧【終了しました】粉体工業展大阪2017 製品技術説明会

粉体工業展大阪2017 製品技術説明会のご案内

セミナー

希釈しない濃厚系粒度分布・ゼータ電位測定装置(0.5 〜 40vol%)

 

【発表内容】

超音波を媒体とした濃厚系の粒度分布・ゼータ電位測定装置の紹介 

従来不可能であった非常に濃厚溶液も測定可能で、稀釈によるソルベントショックの心配は無用
撹拌しながら測定可能ですので、数μmの粒子の測定にも標準対応

 

【会場】Aルーム(展示会場内)
【日程】10月13日(金)12:45〜13:20
【参加費】 無料
【事前申込】不要
【ご紹介する装置】
高濃度粒子径・ゼータ電位測定装置 AcoustoSizerⅡx
高濃度粒子径・ゼータ電位測定装置 AcoustoSizerⅡx
詳しくはこちら
       

 

  

セミナー【製品技術説明会】  /  10月13日(金):ゼータ電位講座

 

企画趣旨と内容

 

実用レベルのコロイド粒子の分散状態を希釈することなく評価

===================================================================================
希釈せずに40vol%までの高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位の測定を実現!
===================================================================================

 高粘度・高濃度試料の粒子径と分散安定性評価に!

 独自の電気音響法(ESA+多重周波数解析)に超音波減衰法を加えることによって、種々の高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位の同時測定を実現した。これにより実用レベルのコロイド粒子の分散状態を希釈することなく評価できるようにした。
 電解質イオンなどからのESAシグナルを除去するバックグラウンド自動補正機能を搭載することによって電位差滴定や濃度滴定の測定精度を高めることができ、また電気二重層変形理論を導入することによって様々な高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位の測定の精度も高めた。

  講座内容

コロイド・ゼータ電位とは

測定原理とその特徴

電気音響法(ESA法+多重周波数解析法)

超音波減衰法

高濃度・粒子径ゼータ電位測定装置の特長

測定事例

 

開催日時・場所

【日時】 2017年10月13日(金)12:45-13:20
【場所】 セミナー会場 A ルーム(展示会場内)
 

講演者情報

 ■ 希釈せずに40vol%までの高濃度コロイド粒子の粒度分布及びゼータ電位の測定を実現!

   futae1.jpg  

 

二江 隆之

 

協和界面科学株式会社国内営業部所属

 

当社技術顧問 末吉俊信氏 【理学博士・技術師(化学)】 に師事

高濃度粒子径・ゼータ電位計による測定をはじめ様々なゼータ電位測定方法を学ぶ。

 

その後各種試料の測定を重ね今日に至る。

 

 

関連情報

 

セミナーに参加されたお客様の声

身近な界面科学

電子カタログ一覧

プラチナくるみんに特例認定されました

当社は「あんぜんプロジェクト」に参加してます

当社の社会的な取り組み

動画で見る協和界面科学

最新のソフトウェアなどのダウンロード

㈱ニック訴訟(高裁)の告知

PAGETOP