HOME > 界面科学の世界技術資料、アプリケーションデータ,文献、JIS規格他電極材料における電極スラリーと金属箔の密着性評価(2)

最新セミナー情報へ

電極材料における電極スラリーと金属箔の密着性評価(2)

 

ポイント ★ 軽剥離試料では、引張側粘着テープの支持体の剛性に左右されない剥離角度の測定が有効。

キーワード剥離角度

 

1.はじめに

電極材料として使用するアルミ箔表面は酸化膜が存在し、電子移動する際の電気抵抗を増加させる。電気抵抗を下げる手段として導電性カーボンスラリーをアルミ箔上にコートするが、カーボン粒子が剥離する問題があった。

 

2.解決すべき問題

密着性の向上が課題であるが、アルミ箔と導電性カーボン塗膜の密着性は微小な応力で維持されている。そのため従来の引張試験機を使用した180° 剥離試験では、引張側の粘着テープの支持体の剛性の影響で180° に折り曲げるとすぐに剥離してしまうため、試料間の差異を見いだすことは困難であった。

 

3.測定条件・結果

  • 測定には軽荷重タイプ 粘着皮膜剥離解析装置 VPA-3を使用し、標準仕様のフルスケール5Nのロードセルで試験した。剥離角度については試料A、Bにおいて、それぞれ180°、90°、45° の3つの角度で行った。
  • その結果、剥離角度が小さくなるほど、A、B間の差異は大きくなった。
  • 特に45° の剥離角度においては、A、B間の剥離力は顕著な差が認められた。
  • これは剥離角度を小さくすることで粘着テープ支持体の剛性の影響を少なくし、更には塗膜のせん断方向の力の検出によって差が大きくなったといえる。
 
アルミ箔と導電性カーボン 剥離角度依存性で見た密着性評価
 
 
 
PAGETOP