HOME > 商品情報(装置群)接触角計(2016.5~)滑落接触角計シリーズ

滑落接触角計シリーズ

  大分類 評価目的 対象試料
 
 

滑落接触角計シリーズの選び方

撥水・液滴除去性、離形性を解析評価できます。
滑落角の測定により、液滴法接触角では評価できない撥水・撥油性に求められる液滴除去性を解析します。液量に依存しない付着力の計算や、前進・後退角など滑落接触角の測定も可能です。また、オプションで液滴の滑落速度や滑落加速度も求められ、解析の幅を広げます。   全自動滑落接触角計DMo-901SA
 
 

滑落接触角計シリーズ付属 解析ソフトウェア FAMAS

FAMAS(interFAce Measurement & Analysis System-フェイマス)は、マルチドキュメントインターフェイスを採用した表面・界面の多機能統合解析ソフトウェアです。
  • 全接触角計シリーズ共通の日本語表示2次元データシートを採用しており、縦方向には傾斜角度ごとの前進接触角と後退接触角が表示され、横軸には10回までの繰返し測定データと標準偏差、平均値が表示されます。これにより、表計算ソフトにエクスポートすることなく、1画面でデータのばらつき確認が可能です。
滑落接触角計シリーズ付属 解析ソフトウェア FAMAS
 
  • 滑落角は、0〜90°の範囲で接触角計全体が連続的に傾斜するシステムで測定を行います。指定の傾斜角度毎に液滴画像が取り込まれ、あらかじめ任意に設定した液滴の滑落判定条件(液滴の移動距離)に基づいて滑落角を自動的に判定します。
  • 滑落角と同時に前進接触角、後退接触角、付着エネルギーも同時に解析できます。
  • ステージが傾斜するタイプに比べて、回転軸と画面の中央を合わせるなどの面倒な調整は不要です。
  • 液滴の滑落挙動を評価できる動的滑落法の解析ソフトウェアを標準装備しています。
  • 滑落時の移動距離、速度・加速度が解析できます。これにより、液滴除去性の時間概念を含めた評価が可能となります。
  • 動的滑落法は、公益財団法人神奈川科学技術アカデミーの技術供与(ナノウエッティングプロジェクトの研究成果)によるものであり、唯一当社だけが有する機能です。
 
撥水表面上での液滴の滑落 測定例
オプションの動的滑落法キットが必要です。DMs型はオプションのシングルディスペンサシステムが必要です。DMe型には対応しておりません。
 
 

滑落接触角計シリーズ オプション

動的滑落法キット
SA-Co1/SA-Cs1

動的滑落法キット SA-Co1/SA-Cs1

動的滑落性(滑落角+滑落速度+滑落加速度)の測定用治具です。

 

シングルディスペンサシステム
AD-301S

シングルディスペンサシステム AD-301S

液滴の作成をパソコンから自動制御できます。

 

大容量ディスペンサ
AD-321

大容量ディスペンサ AD-321

50mlの定量ポンプ式オートディスペンサです。(コントロールボックスが必要です)

 
  大分類 評価目的 対象試料
 

製品をご検討の方へ

         
 

製品をご利用中のお客様へ

         
 
  • contact_tel03.png
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
 
PAGETOP