HOME > 商品情報(装置群)接触角計(2016.5~)接触角計シリーズ(基本形)

接触角計シリーズ(基本形)

  大分類 評価目的 対象試料
 
 
 
 

接触角計シリーズ(基本形)の選び方

用途を限定することなく、あらゆる可能性を追求できます。
静止している液滴から、動的(連続的)に変化している液滴の他、浸透・ぬれ拡がっている液滴まで、静的・動的な接触角を測定します。
また、液体の表面・界面張力も測定することができます。
  全自動接触角計DMo-1101
 

 

 

接触角計シリーズ(基本形)付属 解析ソフトウェア FAMAS

FAMAS(interFAce Measurement & Analysis System-フェイマス)は、マルチドキュメントインターフェイスを採用した表面・界面の多機能統合解析ソフトウェアであり、以下の特長を有します。
  • 日本語表示された2次元データシートは、縦方向に試料名を入力し、横方向に試料ごとの繰返し測定データが表示されます。データ処理まで完結することで、複数試料同士のデータ比較が容易にできます。
  • 2次元データシートは全自動接触角計 DMo-901において複数試料の全自動測定を可能にするため、多数試料測定による長時間測定においても効率化が図れ、測定者の疲労の軽減にも貢献します。
  • 測定データは、表計算シートへのエクスポートも簡単にでき、また、簡易レポート機能として測定シートをWindowsに標準搭載のWordpadに出力することで、簡単な報告書作成も可能となります。
  FAMAS
FAMAS
 
 

全自動制御による接触角測定

あらかじめ測定回数、測定ピッチ、液量を設定します。後はワンクリックで「定量液滴形成」「着滴」「解析」「測定面移動」の繰返し動作をパソコン制御により、行います。
DMo-1101、901では測定座標を入力することで、ステージ上の全面測定や複数試料の全自動測定が可能です。また、ステージ制御の機能を利用することで、他にはない固体表面移動法による動的前進・後退接触角の測定も可能になります。全自動制御は革新的な測定動作を可能にし、個人誤差の軽減と省力化におおいに威力を発揮します。
※DMo-1101、901、701に標準装備となります。(全面全自動測定はDMo-1101、901)
 
全自動制御による接触角測定
 
 

動的接触角測定

液滴法による接触角の経時変化測定
瞬時にぬれ拡がる液滴の接触角には、最短3msec間隔での経時変化測定が可能です。液滴の緩やかな変化に対しては、1〜60秒間隔での経時変化測定が可能です。
経時変化の画像データは、MPEG-1、AVI形式の動画データとして保存、再生が可能です。
DMo全機種:3msec 標準・  DMs-401:17msec 標準・3msec オプション  DMe-211:1sec 標準
液滴法による接触角の経時変化測定
拡張/収縮法による動的前進・後退接触角測定
拡張/収縮法による動的前進・後退接触角測定   液体試料の連続吐出により、液の強制的なぬれ拡がり(拡張)における動的前進接触角を測定します。液滴の拡張はスピンコートによる「ぬれ」がイメージされますが、ロールコートなどその他コーティングにおける動的「ぬれ」の評価も可能です。 一方、液体試料の連続吸引では、液の強制的な引張り(収縮)における動的後退接触角を測定します。液滴の収縮からは液切れ、付着性の評価が可能です。
DMo-1101、901、701、601、501、501D、DMs-401に標準装備となります。(全面測定不可)
 
 

表面・界面張力測定

懸滴法(ペンダントドロップ法)
懸滴法(ペンダントドロップ法)
 
  • 乳化性/分散性の評価
  • 界面活性剤の評価
鉛直方向に向けた針先から液体を押し出すと、図のように液滴が垂れ下がります。この垂れ下がった液滴を「懸滴」または「ペンダント・ドロップ」といいます。この懸滴の形状は、押し出された液体の量、密度、表面・界面張力に依存するため、形状を解析すれば表面・界面張力を求めることができます。
表面張力の測定においては「Wilhelmy法」や「du Nouy法」が一般的ですが、「懸滴法」は粘稠液体、溶融ポリマー、液体/液体間の界面張力測定に適しており、しかも少量の試料で測定できるというメリットがあります。
DMo-1101、901、701、601、501、501D、DMs-401、DMe-211に標準装備となります。
別途、PDキットが必要です。
 
■ds/de法   ■Young-Laplace法
懸滴の最大径(赤道面直径)de、および懸滴最下端からdeだけ上昇した位置における懸滴径dsを実測する方法です。
界面張力γは次式から求めることができます。
液滴の輪郭形状および密度差の値から画像処理により、Young-Laplace理論曲線をフィッティングさせることで、精密な界面張力を求めることができます。
界面張力  
Δρ:密度差 g:重力加速度
1/H:ds/de から求められる補正係数
 
ds/de法 ds/de法
 
液体/液体間の界面張力測定
密度の低い方の液体が希少である場合や、液中の気泡を吐出して測定したい場合は、逆針による反転測定が可能です。   液体/液体間の界面張力測定
 
 
 
 

接触角計シリーズ(基本形) 温湿度制御オプション

上面観測による真円度ぬれ拡がりの解析
上面観測による真円度ぬれ拡がりの解析
  「ぬれ」現象は必ずしも均一ではありません。
接触角測定は従来液滴を側面からとらえ解析してきましたが、これに液滴を真上から垂直にとらえる機能を加えることで、基材に対しての液滴のぬれ拡がり方、染み込みの様子が観察できます。
従来の側面からの解析に加え、上面からの接触角のみならず半径、面積、扁平率のデータが取得できます。

DMo-501Dに標準装備となります。DMo-1101、901、701、601、501のオプション(手動測定)となります。
 
温度・湿度制御システム
従来からの温度制御に加え、測定の対象空間を湿度制御することで、湿度雰囲気下における「ぬれ性」の測定も可能となります。対象空間に湿度センサーを設置し、検出した湿度が設定湿度よりも低い場合は加湿エアが、高い場合は除湿エアが供給されることで湿度制御を行います。(ON/OFF制御)
DMo-701、601、501、501D(上面観測測定不可)、DMs-401のオプションとなります。
 
<湿度制御原理>
 
除湿   加湿
除湿 加湿
 
<ステージ表面を調温した場合の湿度制御範囲>
 
ステージ表面を調温した場合の湿度制御範囲   ステージ表面を調温した場合の湿度制御範囲
 
液中の固体/液体界面・固体/気体界面の接触角測定
液中の固体/液体界面・固体/気体界面の接触角測定
  通常、接触角測定は空気中における固体/液体界面のぬれ性を測定します。
三態系キットの使用により、液体中における固体と液体の接触角、固体と気泡の接触角を測定することが可能です。
DMo-1101、901、701、601、501、501D(上面観測測定不可)、DMs-401のオプションとなります。
逆針を使用する場合、全自動制御およびオートディスペンサには対応できません。
 
 
 
 

接触角計シリーズ(基本形) 温湿度制御オプション

ジャケット式恒温槽

ジャケット式恒温槽

固体表面の温度制御用ステージです。
温度:約10〜70℃対応

 

ジャケット式チャンバー
セット(DM)

シングルディスペンサシステム AD-301S

界面張力測定における懸滴まわりの雰囲気温度制御に使用します。
温度:約10〜70℃対応

 

常温用恒湿槽

常温用恒湿槽

恒湿槽内の湿度をコントロールします。
湿度:約5〜80%対応

 

ジャケット式恒温恒湿槽

ジャケット式恒温恒湿槽

固体表面の温度と恒湿槽内の湿度をコントロールします。
温度:約10〜70℃対応
湿度:約5〜80%対応

 

ヒータ式恒温槽

ヒータ式恒温槽

固体表面の温度制御用ステージです。
温度:常温〜約180℃対応

 

ヒータ式チャンバーセット(DM)

ヒータ式チャンバーセット(DM)

界面張力測定における懸滴まわりの雰囲気温度制御に使用します。
温度:常温〜約380℃対応

 

ヒータ式ディスペンサセット
(DMo/DMs)

ヒータ式ディスペンサセット(DMo/DMs)

溶融ポリマー、液体試料温度制御に使用します。
温度:常温〜約380℃対応

  温度・湿度制御オプションはDMo-1101、901、DMe-211、210には対応しておりません。
また、上面観測測定には対応しておりません。
マルチディスペンサを使用する場合は、カバーを取り外す必要があります。
 
 

接触角計シリーズ(基本形) その他ハードオプション

シングルディスペンサシステム
AD-301S

シングルディスペンサシステム AD-301S

液滴の作成をパソコンから自動制御できるオートディスペンサーです。


 

大容量ディスペンサ
AD-321

大容量ディスペンサ AD-321

50mlの定量ポンプ式オートディスペンサです。(コントロールボックスが必要です)

 

上面観測キット
落射型

上面観測キット 落射型/リング型

液滴が試料に対しぬれた状態を上面から観測するためのオプションです。
落射型の光源があります。

 

マルチディスペンサセット
MMD-150

MMD-150

最大5種類の液体の切り替えができるマニュアルディスペンサです。
標準付属は3本(注射筒別売)

 

液滴標準サンプル
(STANDARD VIEW)/
液滴標準サンプル(WIDE1 VIEW)

液滴標準サンプル(STANDARD VIEW)/液滴標準サンプル(WIDE1 VIEW)

接触角測定における校正、検定用サンプルです。
①標準視野用(標準付属)
②ワイド視野用

 

三態系キット

三態系キット

液体中における接触角測定用治具です。

 

PDキット(STD & WIDE)

PDキット(STD & WIDE)

界面張力測定用部品です。

 

FEキット

FEキット

表面自由エネルギー解析試薬セットです。

 

滑落法キット
DM-SA02/DMs-SA02

滑落法キット DM-SA02/DMs-SA02

滑落法測定に使用する装置本体傾斜用のオプションです。(コントロールボックスが必要です)
※マルチディスペンサ対応不可
※写真はDMo-701に滑落法キットを装着

 

簡易滑落法キット
DMe-SA01

簡易滑落法キット DMe-SA01

DMe-211用の滑落法測定に使用します。
装置本体のカメラ側支柱に取付け、小型
ステージを手動で傾斜させます。
滑落角は目視判定です。

 

動的滑落法キット
SA-Co1/SA-Cs1

動的滑落法キット SA-Co1/SA-Cs1

動的滑落性(滑落角+滑落速度+滑落加速度)の測定用治具です。

 

マルチディスペンサシステム
MAD-351

マルチディスペンサシステム MAD-351

最大5種類の液体の切り替えと液滴の作成をパソコンから自動制御できるオートディスペンサです。(標準付属は3本)(コントロールボックスが必要です)

 
 
 
  大分類 評価目的 対象試料
 

製品をご検討の方へ

         
 

製品をご利用中のお客様へ

         
 
  • contact_tel03.png
  • メールフォームからのお問い合わせはこちら
 
PAGETOP