HOME > 商品情報(装置群)ゼータ電位測定装置

ゼータ電位測定装置

印刷や塗装、機能性材料の量産手段としてのウェットプロセスコーティングにおいて、良好な塗布状態や高品質の塗膜を得るには、インクやスラリーなどのコロイド粒子の分散安定性の制御が重要な課題となります。
ゼータ電位はコロイド粒子の分散・凝集・沈降安定性の指標とされており、上記以外では水質管理や生体現象の研究など幅広い分野において、また粒子表面の特性評価などにも活用されております。
一方、ゼータ電位はコロイド粒子の特性としては一般的ですが、界面動電現象としては固体 / 液体界面においても表面の電荷や吸着挙動を解析するための有効な情報として活用されています。
協和界面科学では、2015年春より高濃度粒度分布ゼータ電位測定装置 AcoustoSizerⅡx の取り扱いを開始いたします。この装置は最大40Vol%濃度のサンプルを希釈せずそのままの状態で粒度分布・ゼータ電位を測定することができます。コロイド粒子用ゼータ電位測定用途向けに、液体試料を希釈せずに原液のまま測定できる「電気音響法高濃度ゼータ電位測定装置 ZetaProbe」とコロイド粒子を観察できる「ゼータ電位測定装置 ZC-3000」の2機種と併せましてご案内させていただきます。また固体試料用ゼータ電位測定用途向けには「固体サンプル用ゼータ電位測定装置 SurPASS」がございます。

 

■アプリケーション

使用用途 対応機種
①機能性材料、顔料、セラミックス、高分子、研磨剤、塗料、インク、触媒、水処理、排水処理 ZetaProbe/ZC-3000
②赤血球、細胞、蛋白質、リポソーム、エマルジョン製剤 ZC-3000
③膜・フィルター、ポリマー、複合材料、化粧品、界面活性剤、半導体、生体材料、繊維、紙、鉱物性粒子 SurPASS

④セラミックス、触媒、石炭スラリー、半導体、顔料、CMPスラリー、蛍光体、食品コロイド、エマルジョン、セメント、鉱物処理、

  粘土鉱物、紙コーティング、医薬品、研磨剤、表面コーティング制御、分散剤の滴定測定

AcoustoSizerⅡx

 

 
ZetaProbe  

ZetaProbe

操作区分:

濃厚コロイド用
用途区分:
コロイド液体
拡張性:
ゼータ電位、等電点、滴定ユニット、液体試料撹拌、温度制御

 
ZC-3000  

ZC-3000

操作区分:

希薄コロイド用
用途区分:
コロイド液体
拡張性:
ゼータ電位、粒度分布、等電点

 
SurPASS  

SurPASS

操作区分:
固体用
用途区分:
裁断可能板状試料、繊維、粉体(>25μm)
拡張性:
ゼータ電位、等電点、滴定ユニット、液体試料撹拌、吸着アプリケーション
 
AcoustoSizer  

AcoustoSizerⅡx

操作区分:
濃厚コロイド用
用途区分:
コロイド液体
拡張性:
ゼータ電位、粒度分布、等電点、測定ユニット、液体試料攪拌、温度制御

 

PAGETOP