HOME > 会社案内沿革

沿革

1947年5月 東京都文京区本郷に共和科学精機製作所として創業
1957年3月 表面張力計を発売
1960年1月 接触角計を発売
1964年8月 協和科学株式会社として設立
1964年10月 東京科学機器協会に入会
1970年6月 摩擦計を発売
1982年11月 埼玉県朝霞市に製造部・開発技術部を移転
1984年4月 協和界面科学株式会社に社名変更
1985年4月 通産省新技術開発補助金対象に認定
1987年10月 埼玉工業技術大賞を受賞
2007年3月 埼玉県新座市に全部門を移転
2009年11月 日刊工業新聞主催第4回モノづくり連携大賞特別賞を受賞
2011年7月 厚生労働省次世代認定マーク「くるみん」を取得
2011年9月 増資(資本金5,000万円)
2012年8月 初代接触角計が分析機器・科学機器遺産に認定
2012年10月 厚生労働省ファミリーフレンドリー企業労働局長優良賞を受賞
2013年04月 埼玉ちゃれんじ企業経営者表彰、県知事賞を受賞
2013年06月 増資(資本金6,000万円)
2013年8月 表面張力計の初期モデルが分析機器・科学機器遺産に認定
2015年8月 バウデン型摩擦摩耗試験機が分析機器・科学機器遺産に認定
2015年8月 厚生労働省次世代認定マーク「プラチナくるみん」を取得(埼玉県で初)
PAGETOP