HOME > 会社案内経営理念・ご挨拶

経営理念・ご挨拶

 

社長挨拶

社会に貢献し信頼される会社
 
当社は、ぬれ性や滑り性や付着性など、表界面の特性を評価する測定器の専門メーカーとして、創業六十数年を迎えるに至りました。
お蔭様で、界面科学測器の分野で日本一の売上を果たし、近年では世界に羽ばたこうとしています。
これも一重に皆様のお蔭と、この場をお借りして御礼を申し上げます。
皆様とはお客様を指すことは言うまでもありません。
お客様に商品価値を認めていただき、購入していただけなければ、会社を安定的に存続させることはできません。
その意味を込めて、当社の経営哲学に「商品の価値基準は顧客にあり」と銘じています。
また、六十数年の長きに渡って優れた商品群を具現化してきた、多くの従業員の努力がなければ、これも成り立たなかったと考えています。
 
代表取締役亀井 信一
代表取締役 亀井 信一
 
更に、理論考察など専門的な知見をご指導いただいた諸先生を始めとして、仕入先や近隣地域など多くの皆様に支えていただき、今日を迎えることができたと考えています。
皆々様に感謝の意を表明させていただきます。

最後になりますが、日本は「国土が狭い」「資源に乏しい」「人口が多い」と言う、特異な状況を抱える国であります。
更に近年は「少子高齢化」「東日本大震災」「福島原発事故」と言う大きな課題が加えられました。
この様な状況を跳ね除け豊かな国を維持して行くには、科学技術を発展させることが、最も大きな牽引力になると考えています。
今後も引き続き「法令等を遵守する風土」の下で、お客様の役に立つ商品を開発(提供)し「社会に貢献し信頼され続ける会社」を目指すことをお誓いいたします。
 
 

経営哲学

 
顧客と創造
商品の価値基準は顧客にあり。
商品の誕生に創造あり。
 
探求と挑戦
科学の発展に探求あり。
技術の進歩に挑戦あり。
 
人と公器
企業は人なり。
企業は公器なり。
 
 

経営理念

お客様の研究開発や品質保証の現場においては、様々な問題が発生します。協和界面科学の使命は、信頼性が高く、使いやすい理科学機器の開発や提供を通じて、界面科学の視点からこれらの問題解決を支援すること。私たちは、この使命を果たすことにより、 学術および産業の発展に貢献します。
 

品質方針

高水準の顧客満足の達成と社会的責務の遂行を目指す。
業務プロセスの確立と責任所在の明確化を目指す。
測定可能な品質目標を設定し達成度を検証する。
 
 
PAGETOP